お泊まり保育 ~2日目~

2019/05/11

年長組の子ども達が、2日間体験したお泊り保育。
天気の心配をすることなく、子ども達は伸び伸びと、様々な体験を重ねました。

「できることは自分で」
お風呂の準備をしたり、歯磨きをしたり、荷物の整理をしたり…。
起床後は、お友達と協力して、シーツやタオルケット、マットレスも全て、自分の力で片づけることができました。
お友達と一緒、先生と一緒、大好きな仲間がいるから、子ども達は保護者の方から離れた寂しさや不安を乗り越えることができたんだなぁと、感じました。

また、「早く帰りたいなぁ」と、何度もつぶやく子ども達の姿を見ると、保護者の方が、それぞれの子ども達を大切に慈しんで関わって下さっている様子も、重なって見えました。

友達と過ごすことを楽しみにすることも、ご家庭を思って涙することも、どちらも家庭での愛情深い関わりがあってこその姿だと思います。

この2日間で、子ども達はたくさんの気持ちを感じています。この経験は、これからの活動にかけがえのないものになっていくと思います。
今日は、お子様の気持ちを普段以上に、まるっと受け止めて、たくさんの会話を楽しんでくださいね♪

月曜日に、皆の元気な笑顔に会えることを楽しみにしています☆